今時の印鑑購入事情

気軽に注文できるのが魅力

認め印というハンコがあり、自宅であれば宅配業者が荷物を届けてくれたときにサインの代わりに使われることが多いと思います。では、その認め印のハンコを注文または購入するときにお店へ行かなければなりませんが、最近ではネット通販でのサイトがあり、注文する人たちも増えていきます。その中で、認め印のハンコの材質は様々な種類があり、一般的に多いのが柘(アカネ)という材質が多く、値段も安いので買いやすいのではないでしょうか。
一番高級感がありそうな材質でいえば、象(象牙)や琥珀と言われるものがあり、値段も高額となります。実際にお店で注文するとなれば、高額になってしまう可能性が高いですが、ネット通販だと高級感のハンコが割引や値引きなどで安く買えることから、ネット通販での利用者が多くいます。
また書体も選ぶ必要があるので、自分に合った書体や材質などを選んで、制作してもらいます。通販だとこうした出来上がりが届くまでの時間も楽しめます。また、自分の名前がお店にない時は特殊な名前である可能性があるので、ネット通販でオーダーメイドで注文して制作してもらいましょう。通販サイトも沢山あるので、気軽に注文することが出来ます。

おしゃれな認印

認め印というと、通販を利用して宅配の荷物や書留郵便が来たときに押したり、出勤簿や子どもの通知表に押す印鑑ですが、普通は「姓」が彫ってあるものです。100均でも扱っていて、値段のピンからキリまで素材も様々です。そんな認め印に最近とてもおしゃれなものが出ています。まず持ち手がただの白やベージュではなく、花模様や紅葉、手まりなどの和柄をあしらっているとても綺麗なものです。通販での取り扱いの場合、送料が別になり、1000円から4000円くらいです。また、印そのものが姓だけでなく、猫の絵や桜、紅葉と絵が一緒に彫り込んだものもあります。
苗字以外のものがほってあっても良いの?と思われそうですが、実際に銀行印として利用することができます。こちらもとてもかわいくて、例えば鈴木さんでも、その鈴木の横に猫の顔がついていたり、猫の顔の上に苗字が乗っていたり、顔の中に苗字が掘ってあったりします。
中でも女性に人気のようで、通販でおよそ1000円弱で作れるのも魅力です。もちろん、書体を選ぶこともできるため、「篆書体」「楷書体」「「まるゴシック」など好みに合わせた認め印を作ることができます。子ども向けに名前で作って誕生祝いにプレゼントなんて言うのもいいかもしれません。